労働

本カテゴリでは労働に関する各種問題を掲載します。

162万人も失業者がいて何故<人手不足>なんだという疑問

「人手不足」と言われる今のご時世だが、その割に失業者は多いし給料は上がらない。
「残業しないと生活できない」という声も聞こえる中、入管法改正によって外国人労働者の受け入れは拡大されることになる。
こんな中、そもそも本当に人手不足なんか怒っているのかという疑問の声は多い。

河北新聞には「人手不足で倒産企業が相次いでいる」という記事があるが、そこに疑念の声をあげたツイートに、多くの共感が寄せられていた。

リプライの反応

アベノミクスにより、名目的な賃金は上昇しているが、物価の上昇も加味した実質賃金は下がっているということは、度々問題視されていた。
システム会社でもプログラマーの給料が、残業代込でも手取り30万いかないなどの話を聞いている。
通常、人手不足であるなら可処分所得は増えるはずなのだが、現実問題として増えていない。
「人手不足」と謳われながら、かたや失業者162万人。田中康夫氏も162万人失業者がいるのに「人手不足」には疑問を投げかけている。
日本の採用で履歴書に顔写真が入るが、北米では年齢や顔写真、性別は載せないことも話題になっていた。
企業が足りないのは本当に「人手」なのか。実態はそうでは無いらしいということを、労働者側も気付いているような気がしてならない。

2019/04/07   センチュリー・ 大橋
< Previous Article     To List     Next Article >