政党

また立憲か!!-公認候補が露骨なヘイトスピーチ(ノД`)

元ツイート魚拓

いきなり酷評を受ける落合洋司氏の謝罪だが、一体何事だろうか。
まずは過去の発言を見ていただきたい。

エビデンス エビデンス1エビデンス2

差別に一切の反対する立場・・・とはいったものの、露骨な差別そのものでは無いかと指摘されている。
元検事の弁護士の立場であるのだが、ハンドルネーム(?)に掲げた「寛容で温かい社会へ」の文字とは裏腹に、明らかに不寛容なツイートを残している。
7年前の発言が掘り起こされた飯田強氏とは違い、こちらは直近1ヶ月前の発言でも攻撃的な発言がある。

この御仁が立憲民主党候補で選挙に出ようというのだから、本人の元へは避難が相次いでいる。

ネットの反応

リプライ欄では各方面から「お詫び」の意思が感じられないと指摘されている。
投稿が3月31日であったから、4月1日に先駆けて「このお詫び自体がエイプリルフールネタじゃないか?」というコメントも寄せられていた。
お詫び内容が正しく火に油を注ぐ内容であり、謝罪する気が全く感じられないと評判出会った。
ここのところ相次いでヘイトが発覚している立憲候補。支持率の低下が懸念される事態となっている。

2019/04/01   センチュリー・ 大橋
< Previous Article     To List     Next Article >