政党

丸山穂高議員が一般人に喧嘩を売る:ネットの声「やっぱ維新は品が無い」

 


まさかの”国会議員”が”一般人に向けて”の「ワロタ」発言。
国会議員が一般人に対して行う発言では無いと思われるが、ひとまず事の経緯を見てみよう。

事の始まりは「なうちゃん」と言うアカウントに対し、丸山ほだか議員がバトルを仕掛けたところだ。
足立康史議員に対する抗議の声を挙げたところに、エゴサーチしたか何かで丸山議員が突っかかったというところに始まる。

そして論戦はこのように終わる。
さて、論戦の中身自体はともかくとして、丸山ほだか議員は衆議院議員だ。
衆議院議員であると言うことは「国民の税金でご飯を食べている」人でもある。
なうちゃん氏も言うまでもなく税金を払っている国民であり、その国民に対して「方が文面やアイコンの通り小学生か、将又実際の中身はおっさんの方か」であるとか「ワロタ」と発言したことが、ネットでは物議を醸している。

ネットの反応

ネットの反応として、あの丸山ほだか議員の発言に対し、国会議員としての資質を問題視する意見が多く見られた。
もし、なうちゃん氏から先に穂高議員へリプライしたならともかくとして、丸山ほだか議員の方から喧嘩を売っていた。
だからこそ、なおさらネットの反応に「議員としての品が無い!」と言う批判も寄せられていた。

2019/03/12   センチュリー・ 大橋
< Previous Article     To List     Next Article >