法令

[二重国籍論争]論点については最後まで答えなかった丸山議員

先日行われたTwitterネーム:なうちゃん(@nauchan0626)と丸山ほだか議員の論争だが、改めて双方の支持者がお互いに自分が支持した人の勝利だと主張していることが露わになった。

丸山議員の論点は途中から全く別の方向に走ったが、丸山ほだか議員の支持者にとっては、それが勝利だったという。
改めてTwitter論争の無意味さを悟った当該ユーザーだが、実は当該ユーザーが丸山議員と争った直後、私も同じことを丸山議員の支持者と問答をしていた。
そのやり取りを纏めてみよう。

丸山議員の支持者とのやり取り

魚拓

ちなみに、この回答としては「公職選挙法に… ありません。 何故ならば他国の国籍が存在するかどうか知る術がないからです(そもそも国籍を放棄できない国も存在します)。」と答えられた段階で、憶測で物を言っていたとボロが出てしまったというものだ(魚拓)。
このやり取りは、なうちゃん(@nauchan0626)と丸山ほだか議員も行なっており、具体的な判例は丸山議員から提示されないまま終わっている。
詳しくは私が記したWEB報告書があるので、ご一読いただきたい。
なお、このやり取りは終始丸山議員もリプライ欄に入ってしまっていたが、ついぞ彼が支持者の加勢に入ることはなかった。

Twitterの声

2019/03/12   センチュリー・ 大橋
< Previous Article     To List     Next Article >